会社案内 | 営業内容 | 品質管理

 


■三河木綿の由来
今から1200余年前の昔、三河地方に漂着した一崑崙人の古画像は、今もこの地の地蔵堂に伝わり、周辺の人々から古くよりこれを綿祖神とあがめ、また延命長寿の神として長く祀られてきました。
■木綿由来の地“天竹神社”
抹茶と並んで西尾名産物にかぞえられた三河木綿。その由来は前の通りですが、以外と知られていないのが現状です。さて表記に“崑崙人”とありますが、この崑崙とはどの国を指すのかといいますと、仏領支那の南方海上にあるフロコンドール島だということです。ところが、中国の隋唐時代に拡大解釈されて、これが現在のポルネオ・スマトラ・ジャワ等のインドシナ諸国を指したようです。こうして、綿の実伝来の地、綿業発展の地として有名になった天竹神社は、今も西尾市天竹町(旧福地村)に綿祖神として祀られ、三河帯芯産元の高い評価とともに住時をしのばせてくれます。

 

Copyrights © 2002 yamakichi.Inc. All Rights Reserved.