会社案内 | 営業内容 | 品質管理





日本の伝統の美キモノ。
その静謐さ、気品さは着物の良さもさることながら、帯によっても十分引立てられます。そんな帯の締〆心地をより良いものとするために、古くから三河帯芯に代表される帯芯が愛用されています。
山吉は、その帯芯を長年にわたり取り扱い、山吉ならではの伝統と技術で帯の品質を高め、お客様の様々な要望にお応えしています。

山吉の“帯芯”へのこだわり

帯芯の生地には、木綿の他に化繊や絹糸等が使われます。その中で山吉が三河木綿を取り扱うのは、その品質にあります。木綿はアイロンなどをかけても伸縮性が少ないため、帯との馴染みが合わなくなることはありません。しかし、化繊は逆に全く縮まないため、帯のわずかな伸縮によっても、馴染みがあわなくなっていまします。また、木綿もその織り方によって伸縮が違い、山吉では伸縮の少ない双糸織りのものを主に使用、その上で特殊起毛加工と防縮加工と防カビ加工を施しています。こういった生地へのこだわりが、三河帯芯独自のしなやかな風合いを維持し、多くの人に親しまれているのです。

 

 

Copyrights © 2002 yamakichi.Inc. All Rights Reserved.